×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラゴンボール カードダス

ドラゴンボールカードダスの人気が爆発的に増えており、オークションなどで活発に取引がされています。このカードはドラゴンボールスナックというお菓子の景品として出されていました。そもそもカードダスというのは、バンダイナムコ社が商標登録をしており、そこを通して売られたカードの総称をカードダスと呼びます。一般的には、ドラゴンボールでわかるとおり、アニメキャラクターを用い販売しています。そのキャラクターの人気の度合いと、カードダスの稀少価値と相まって高値で取引されているものもあります。ちなみに、カードダスの名前の由来は、当時の天気予報で使われていた、アメダスを子どもがもじって使われたことから発生した言葉です。

ドラゴンボールの始まり

ドラゴンボールの始まりは、集英社から発刊されている週刊誌少年ジャンプに連載されたことです。作家は、ドクタースランプ アラレちゃんの作者 鳥山 明さんです。シュールな笑いをとれるマンガとして話題を呼んだことにより、1986年にアニメ化をされました。TVアニメでも人気を博し「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボールGT」と長期にわたり放映された3部作になっています。以後、映画化となり現在では世界各国で放映されるほどの大ヒットとなっています。カードダスのように、その個性的なキャラクターである孫悟空・孫悟飯・悟天・クリリン・ピッコロ・ベジータなどが、多くの人をひきつけ、フィギュアやゲームソフトなど今もって新商品の開発がおこなわれ、販売されているのです。

新たなカード データ カードダス ドラゴンボール

新たなカード、データ カードダスとは、バンダイナムコ社が販売しているカードで、デジタルデーターを組み込んでいるカードです。この情報を自販機に読み込ませることによりゲームをすることができるシステムとなっています。カードには3種類ほどあります。「バトルカード」「サポートカード」「イベントカード」という種類です。これらを組み合わせることにより、ゲームでの戦いをすすめ勝負を行うアイテムになるのです。毎ゲームごとに、機械から新しいカードが増えていくので、ゲームの勝負とは別にカードを集める楽しみがあります。このカードには、なかなか、集めることのできないカードがあり希少なもの程価値があるために、カード集めに人気が集中しているとも言える状態です。

Copyright © 2007 ドラゴンボール カードダス人気爆裂